「住宅ローンアドバイザー」のアドバイスで、家計に適した“借り方探し”

ライフステージ:出産結婚
タグ: 住宅ローン

マイホームを購入する際、ほとんどの人が住宅ローンを利用しています。

いろいろな金融機関が、さまざまなタイプの住宅ローン商品を用意していますが、種類が多すぎて、「自分の収入やライフプランから見てどれが適しているのか、どれがお得なのか、さっぱり分からない」という人が多いのではないでしょうか。

かといって、住宅ローンの借り方について解説する本を見ても、それだけで1冊の本になってしまうくらいですから、理解するだけでもかなりの時間がかかってしまい、結局は「何がいいのか分からなかった」などということにもなりかねません。

そんな人にとって頼りになる存在となるのが「住宅ローンアドバイザー」です。

住宅ローンアドバイザーとは、その名の通り、住宅購入を予定している人に対して、公正な立場からアドバイスや情報提供を行う、住宅ローンに関する専門家です。

多くの種類がある住宅ローン商品の仕組みや内容を説明するだけではなく、それぞれの収入や家計状況に合った借り入れ・返済プランのシミュレーションなどをしてくれます。

住宅ローンアドバイザーは、一般社団法人住宅金融普及協会や一般社団法人金融検定協会が主催・認定している民間資格で、養成講座を受けて所定の成績を修めたり、認定試験を受けて合格したりすることで、その資格を得ることができるというものです。

あくまでも民間資格なので、住宅ローンに関するアドバイスをしようとする人が必ず取得しなければならないわけではありません。

しかし、この資格を持っていることで、住宅ローンに関する知識を持ち、アドバイスできるだけのスキルを持っているということの証明にもなるため、宅地建物取引士(いわゆる宅建士)やファイナンシャルプランナーなど、金融機関や不動産売買、住宅ローンに関わる人が取得するケースが多いようです。

また、住宅を購入するために、自ら住宅ローン選びのための知識を得ようと資格を得る、または講座を受けるという人もいるようです。

ちなみにこの費用ですが、2~3カ月の通信教育であればテキスト込みで1万円前後(資格を得るためには認定試験を受ける必要あり)、所定の成績を修めれば、資格が得られる養成講座の場合は2万1600円~となっています。

ローンを組む前に自分と相性の合う「住宅ローンアドバイザー」を選ぶ

住宅ローンアドバイザーと相談するためには、まずその資格を持つ人を探さなければなりませんが、一番簡単なのが、ネットで検索する方法です。

住宅金融普及協会の「住宅ローンアドバイザー」のホームページや、全日本不動産協会の「住宅ローンアドバイザー養成講座」(養成講座そのものはすでに終了)のホームページで、それぞれの協会の資格を持ち登録された住宅ローンアドバイザーを探すことができます。

アドバイスを受ける以上、人間としての相性もありますので、とりあえず会って話してみて、信頼できそうと思ったアドバイザーにお願いするのがいいでしょう。

相談するためには相談料が必要となるケースがほとんどですが、初回のみ無料というところもあるので、見つけたらまずは問い合わせてみてはいかがでしょうか。

ライフステージ: 出産結婚
タグ: 住宅ローン

※本記事は記事執筆時点での情報に基づいています。